ゆるりと

ゆるいオタクがいろいろ書きます。

少年社中『アマテラス』感想

下書きのまま放置してたんですが、さすがにそろそろ更新しなきゃ・・・と。

 

f:id:yururi_ka:20170218211954j:plain

 

初の紀伊国屋ホールにてアマテラス観てきました。

とても面白かったー!!!できることならもう一度観たい!

 

今回のアマテラスは少年社中の色が濃い『冒険活劇!』のようなことを聞いていたんですが、

 

とっても冒険活劇!でした。

 

物語が進むにつれどんどん身体が胸が熱くなります。

最後はうるっときましたし、この舞台を生で観ることが出来て良かったです!

 

少年社中 第33回公演【アマテラス】

高度にコンピューターが発達した時代。
めまぐるしい発展を遂げたAI(人工知能)は人類を管理し、
反乱することもなく、AIはただただ「人間に優しい世界」を作り上げていた。

そんな世界で自堕落に暮らしていたとある青年が、ひょんなきっかけから『日本神話』の世界にタイムスリップ?!

因幡の白ウサギ』に導かれるままに青年がやってきた世界は、神々が治める日本神話の世界。
しかし、その平和だった世界は今は闇に閉ざされていた。
光の神々の頂点にいる存在『アマテラス』が攫われてしまったのだ。
アマテラスを支えていた光の神々『スサノオ』たちは反旗を翻し、闇を司る神『ツクヨミ』の方についてしまった。

神々の世界を救えるのは、青年のみ。
青年は『ヤマトタケル』を名乗り、お供のウサギ・タヌキ・スズメ・カメと共にアマテラスを救う旅に出る。

『アマテラス』の真実とは?
青年がこの世界にやってきた真の理由は?

青年は、冒険の果てに何を見るのか。
神無き国の創世神話の物語。

 

この世界観を短時間で観客に伝えられ、キャラも少ないってことは無いのに皆キャラが立ってて魅力的で・・・社中さん凄い!

 

 華やかな衣装、かっこいい殺陣、面白いコントなどなど見所がありすぎてとてもじゃないですが1回だけでは足りなかったと思います。

やはり舞台は2回観なくちゃ・・・。

 

DVDが待ち遠しい。 

 

タイトルに感想ってつけてるんですが、私は感想を書くのが凄く苦手です。

いっつも、面白かった!楽しかった!だけで終わってしまう。

アンケート用紙にびっしりと文字を埋めてる方凄い!

 

次は「モマの火星探検記」ですね!

去年の夏も大阪まで来てくれてましたが、今回も大阪まで!

絶対行くぞー

キャストどなたがくるのか今から楽しみです。